SFX電源を選定しています

NCASE M1で自作PCを構築することを決めましたが、まず最初に電源ユニットの選定をはじめました。

M1には、SFXとSFX-Lの2つのタイプの電源を搭載することができるので、SFX電源を選定していたのですが、例のコロナの影響なのか静音性と安定性に優れていると評判のコルセアの電源の在庫が全くありません。

また、こんな記事も。この影響も関係してる??

ま、コルセアの電源は中国で製造されているようなのでおそらくコロナの影響でしょうね。
各ショップに入荷の状況を問い合わせましたが、いずれも入荷は未定とのことで、コルセアの電源を諦めざるを得なくなりました。

そうなると選択肢はもう、SilverStoneぐらいしかないのですが、結論から言うと、このメーカーのSFX/SFX-L規格の電源でマシなのがSX700-PTかSX800-LTIぐらいしかないような感じです。

まず、SX650GはYouTubeなどで静音性を確認するとジーっと言う音がなっているのが気になりました。ファンの音よりもジーっと言う音の方が気になりましたね。

SX700-PTはバランス的にまずまずなのですが、値段が結構高いです。
これと同じ金額でSX800-LTIが買えちゃいます。

SX700-LPTはSFX-L規格になりセミファンレス機能が搭載されていますが、閾値のファンコントロールがいまいちで空ぶかしが頻発すると言う評判が…

SX800-LTIにもセミファンレス機能が搭載されているみたいですが、SX700-LPTのファンコントロールを改良した形で、実際にPCに組み込んだ際にノイズがSX700-LPTよりも少ないみたいです。

ということで、自ずとSX800-LTIに…
まあ、800Wも電源容量いらないんだけどミドルレンジ帯のラインアップでピンと来るものがなかったので、仕方なくこいつに決めました。

当面グラボは、今のPCに入っている GTX 1060 6GB があるのでそいつを流用する予定ですが、気が向いたら、RTX 2070 Super でも入れてようかな。

それでも、800Wもいらん気がするけど。

とりあえず、SliverStoneの電源も在庫がなくなりつつあるようなのでポチりました。

いやー、電源に26,800円ですよ。
なんでもそうですが、小型化させるとパーツが高くついてしまいますねー

よかったらフォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

電源だけ先に届きました