Google Play Consoleの審査が遅れている

こんにちは。

今月はじめにリリースできるかと思っていた
動物パニックパズルですが、未だリリースはできていません。

理由は昨今のコロナ騒動のせいです。
・・・ごめんなさい嘘です。本業で開発しているゲーム開発が忙しくなってきたせいです。
このあたりは副業でやってる以上、致し方なしですね。そう、本業が悪い!

内部テスト版でチェック

Google Play Consoleでは内部テスト版といういわゆるアルファ版の前のバイナリチェックができる仕組みがあって、これを利用して課金やサービスの連携を確認できるのですが、このように通常よりも審査が長くかかっているようで、内部テスト版であっても7日ぐらいかかるようです。

本来であれば、1日ぐらいで審査がパスできるぐらいのようなのでコロナの影響が出ているということですね。アプリ開発者も経済的な煽りを受けつつあるようで、まじ終末感。

本当に終末となったら、アプリ開発なんてやってる場合じゃないような気がしますが、例え明日世界が滅びようとも僕は今日リンゴの木を植えるって感じでやっぱりゲーム作ってる気がします。

ストア申請時に必要なスクショとか

アプリをリリースするのって物凄いパワーが必要です。
何せプログラミングはもちろん、グラフィック、音楽、ゲームシステム及びそれらに関わる一切の工程を一人でやらなければいけません。

いや、一人で全部やらなくてもいいんだけど、本業でチーム開発の辛さとか知ってると一人で開発したくなるので一人でやってます。自分一人でやると決めたから全部一人でやらなければいけなってだけですが辛いです。

じゃあ、ゲーム開発なんて辛いこと止めれば?と言われたら「うるせーよ!ほっとけ!」となります。なんかクリエイターの呪いみたいな物にかかってるので逃げられません。

ということで、開発それだけでも挫折する可能性が高いのに、それを無事潜り抜けた先にはストアに出すためのスクショ画像やら動画やら、アプリの説明やら、アプリのプライバシーやら、ランディングページやら作らなければなりません。

そういうことなんで、今はそれらの素材をコツコツと作りながらストアに情報登録をしています。
あと、ちょっとだ。

よかったらフォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA